仕事

個人事業主になってから、想像していたことよりも困難だった仕事の問題がありました。

自分一人では解決が難しいため勉強をし直し、乗り越えたのはこれらの本があったからこそだと思います。

先人たちの知恵と知識を吸収することで、限界を超えて成長し続けることが仕事やプライベートを充実させる。

というのを身を持って知ることができたので、とても感謝しています。

 

前職が公務員だったのですが、家族の介護が必要となり仕事を継続することが困難になり。

退職せざるを得なくなったことから、特殊な資格や体力面での強みも無かった自分でした。

現在はウェブ関係の広告を中心に仕事を請け負っていますが、精神面の甘さや知識不足の状況が続き。

結果の出せない状況から脱出するきっかけになった本や音楽をご紹介します。

 

 

仕事に役立つ本

鬼速PDCA

この本は、野村證券で働いていた著者が最年少記録を更新し続けた仕事術について。

PDCAという仕事の研修で聞き慣れた方も多い手法を深く理解して鬼の速さで成長し突き進む。

具体的で理解しやすい優れたビジネス書です。

定期的に現状を見直し、改善策を生み出すという考え方を実践するきっかけになりました。

この本と巡り合わなかったら、今の自分は無かったかもしれないと思うとゾッとします。

 

PDCAは公務員をしていた時にも研修などで教わりました。

しかし、この本ではもっと深いところまでPDCAの使い方を実践していて衝撃を受けます。

著者と同じくらい活用することが出来れば、日々の仕事に成果はどんどん上がっていきます。

その一部のエッセンスを理解して実践するだけでも十分に仕事が速くこなせるようになります。

思わずうなってしまう程の優れた仕事効率化の方法で大ヒットした理由が納得できた一冊です。

仕事に役立つ音楽

もっと遠くへ

オリンピックの放送でテレビ中継のテーマ曲にも選ばれたレミオロメンというバンドの一曲です。

言い訳をせずに、出来る限りの努力をして理想の自分を目指すアスリートたちの応援歌です。

これはビジネスをする私達にも当てはまることが多く、これから新しい道を切り開く。

チャレンジする時の恐怖心と自由を天秤にかけても、不安を打ち消して進んでいくきっかけになりました。

起業をするまでの6年間は、この曲に支えられて仕事に関する勉強を継続する原動力になったと思います。

現在でもこの曲が僕の支えになっています。

 

progress

30代まで会社員をしていた異色のシンガーソングライター、スガシカオさんの一曲です。

ミュージシャンがアルバムを作る時の産みの苦しみとビジネスをする私達の苦悩や挫折。

心の中の嫌な部分と向き合い、それでも前進、進化していく過程も含めて肯定することができました。

仕事を含めて人それぞれの歩み方があり、立ち止まったり、壁にぶつかったりするのも全て自分の人生。

それは事実であることを認めることで、今の自分が何をするべきなのか振り返ることができました。

【管理人プロフィール】

30代の個人事業主をしている者です。起業してからぶつかった壁を乗り越えるために本や音楽からのメッセージを活かしてきました。自分の経験から役立った本や音楽、映画など。悩みの解決の糸口になったものを選んでご紹介しますので参考にして頂けると嬉しいです。

ページトップへ